歯と健康について

あなたの咬み合わせは大丈夫?

咬み合わせにおける「バランス」とは、単に歯と歯が咬み合う際のバランスを指すだけではなく、 顎関節の左右のバランスも含まれています。これは顎の骨の仕組みが大きく関わってきます。 本来、人の骨格は1つの骨に対して関節が1つあり、人の顎の骨も1つの骨で形成されていますが、関節は左右で2つあります。 この2つのバランスが崩れると顎がだるい、顎関節で音が鳴る、口が開きにくいなどの症状が現れます。 この症状を「顎関節症」といいます。

肩こりや腰痛でお困りの方へ

咬み合わせのバランスが悪いと、肩こりや腰痛などの症状が出ることがあります。 これは、咬み合わせのバランスが悪いことで体全体が歪んでいき、無意識にその歪みを体全体の重心バランスで取ろうとするため、 筋肉が緊張して肩こりや腰痛が起こるのです。 筋肉が緊張すると肩こりや腰痛だけでなく、腕が上がらない、膝が曲がらないといった症状も引き起こします。

このように咬み合わせの異常は、歯だけでなく全身にも大きな影響を与えます。上記の症状でお困りの方は、 咬み合わせのバランスが悪い可能性もあるので、歯科医院にて一度咬み合わせのチェックを受けましょう。