歯並びをきれいにしたい(矯正歯科)

歯は一方向に継続して力を加えることで、その方向に動いていく性質があります。矯正歯科はその性質を利用して施術します。 矯正装置を使って出っ歯・すきっ歯・受け口・デコボコの歯など乱れた歯列を正し、見た目の美しさだけでなく、 咬み合わせも治す治療です。

非抜歯矯正

矯正歯科というと「歯を抜かなければならない」という印象をお持ちの方が多いでしょう。 当院はできるだけ歯を抜かずに矯正する「非抜歯矯正」に力を入れています。

抜歯をしてしまうと、 歯列が狭まり舌が後方に押しやられてしまうため、気道が狭くなります。

 

その結果、口呼吸をするようになったりイビキをかくようになったりし、身体全体の免疫力を低下させてしまいます。

そのような症状を引き起こさないためにも当院では非抜歯矯正に力を入れているのです。

 

歯ならびの問題は、口の機能障害によるものです。機能を治すようにこころがけましょう。しかし、歯科医院で歯並びは治せても、機能を治すのは患者さんです。日頃の姿勢はどうか、頬杖をついていないか、口がいつのまにか開いていないかなど、そんなところまで当院では力を入れています。

矯正装置の種類

一般的な矯正

メタルタイプ

もっともオーソドックスなタイプの装置で、皆さんが思い浮かべる金属の装置です。 見た目は目立ってしまいますが、より安価で高い効果が期待できます。

クリアタイプ

もっともオーソドックスなタイプの装置で、皆さんが思い浮かべる金属の装置です。 見た目は目立ってしまいますが、より安価で高い効果が期待できます。 クリアタイプメタルタイプと同様、歯列を正す力が強く、フルリンガルタイプに比べ治療期間が短く済みます。 ワイヤーは金属ですが、歯に装着するブラケット(ボタンのような部分)が白色で、 メタルタイプよりも目立ちにくいのが特徴です。しかし、メタルタイプより費用は高めになります。

 

アクアシステム

マウスピース型の「アクアフレーム」と呼ばれる装置(マウスピース)を使って矯正治療をします。 このアクアフレームを3~12枚ほど付け替えて、歯を移動させていきます。 透明タイプなので目立たず、なおかつ取り外し可能です。

床矯正

床矯正とは、お子様の顎の骨を正常に発育させて、"抜歯をせず"に美しい歯列にする矯正治療です。

矯正装置は取り外し可能なので、ブラッシングをスムーズに行えます。矯正時の痛みはほとんどありません。

矯正歯科治療症例

症例1(治療前)

症例1(治療後)


症例2(治療前)

症例2(治療後)