歯を白くしたい(ホワイトニング)

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは専用のホワイトニング剤を歯の表面に塗って歯を白くする施術方法です。 たとえ、タバコのヤニやコーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の内部にまで沈着していても、 これらの色素を除去して歯を白くすることができます。
ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類の施術方法があります。

オフィスホワイトニング
歯科医院で行われるホワイトニングです。35%の過酸化水素と触媒を混ぜたペースト状のホワイトニング剤を歯に塗り、光を照射します。1回の来院で40~60分の時間が必要です。個人差はありますが、1回の施術だけでも歯が白くなったことがわかります。オフィスホワイトニングは高濃度のホワイトニング剤を使用するため、ホームホワイトニングよりも早く効果を得ることができます。

しかし、高濃度で白くした歯の色はもとに戻りやすいため、ホームホワイトニング(低濃度)により維持とさらなる白さの追求をして頂くことをおすすめいたします。

オフィスホワイトニングの中でも透明度と鮮やかさ両方を実現できるオフィスホワイトニングを用意しておりますので、患者さんのイメージする「白」により近づけるようになりました。

症例

オフィスホワイトニングを行った結果、C4からC2まで効果が見られました。


ホームホワイトニング

家庭で行うことのできるホワイトニングです。

従来のホームホワイトニングとは違い、当院ではトレーを使わない方法を新たに導入いたしました!

今まで使用していた方法は、歯科医院にて歯型を採って作成したトレーにジェルを注入しそれを1日5~8時間装着して作用させるものでした。

患者さんにトレー作成をする時間を頂かないこと、そして、1日90秒のうがいだけでおうちでのホワイトニングができます。

 

デュアルホワイトニング(オフィスとホームの併用)のおすすめ

オフィスホワイトニングは高濃度で短時間で行うため、もとにもどるのが早いのが特徴です。(右グラフ参照)

そこにホームホワイトニング(低濃度、毎日90秒間のうがいだけ)により維持を長くすることで、希望の白さに早く近づけ、さらにその効果を長持ちさせるということから、当院ではDual(併用)の方法をおすすめしています。