自分の歯をいつまでも残したい(予防歯科)

虫歯治療で歯を削ったり、歯周病で歯が抜けてしまったりすると、二度と元の歯は戻ってきません。 そうなってからでは手遅れなのです。そのようなリスクを回避するために必要なのが予防歯科です。 ほとんどの方は毎日ブラッシングをしていることでしょうが、自宅でのブラッシングのみでは虫歯の原因となるバイオフィルム (台所の滑りのようなもの)やお茶やコーヒーの汚れ(色素)を取り除くことはできません。

歯科医院で定期的なPMTC(※1)をしてもらいましょう。また歯科医師・衛生士から正しいブラッシングの指導を受け、 自宅でも毎日心がけていきましょう。それが歯の健康、身体の健康を守るためにとても重要なことなのです。

※1 PMTC…Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。歯科医師による機械を用いた歯の掃除のこと。


大人の予防歯科

予防歯科とは、お口の中の隅から隅までを診査・診断・治療することにより、お口の中の病気を予防することです。

日本では30歳以上の約8割の方がかかっているといわれる歯周病。歯茎から出血があったり膿が出たりといった症状が起き、 そのまま放置しておくと歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。 最近の研究によると、歯周病にかかると「糖尿病」「心筋梗塞」「早産・低体重児」などのリスクが高くなるとされています。
このような症状を引き起こさないためにも、歯茎から出血があったり、膿が出たりといった症状が見られたら、 すぐに歯科医院へ行きましょう。 また歯周病は自覚症状が出にくいので、現在は症状が見られないという方にも「予防歯科」をお勧めします。

予防歯科の重要性